クラウドストレージに重要なデータを残すのは怖いかも

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はクラウドストレージに重要なものを残すのは怖いかもという話です。

頻繁な契約変更(改悪)がありうる

接続できる台数が無制限だったものが数台のみに制限されたり、使用できるデータ容量も削減されてしまうこともありますね。基本的に改悪しかされないので利用するのは控えています。

クラウドストレージの場合はデータ検閲で消されてしまうことも

これは大丈夫だとは思いつつもクラウドストレージの場合は保存されているデータに検閲が入ってしまい、場合によっては消されてしまう可能性があるんですよね。それを考えると業務では使えないかもしれませんね。

重要な情報はNASに保存することにした

基本的に重要な情報はすべてNASに保存するようにしています。一度NASを買ってしまえばあとは追加で料金も(NAS自身やHDDの買い替え以外は)かからないのでサブスクリプションより安全ですからね。

ということで今日はこんな感じです!