Yahoo!ニュース見ないようにしたら生活の質が向上したなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は最近気づいたライフハックについてご紹介できたらと思います。

快適な生活を送る上でインターネットは欠かせないものですが、時に生活の質を下げることに繋がりかねないのでその方法についてお伝えします。

「ニュース」と検索するとトップページに出てくるYahoo!ニュース

日頃、ニュースを見たいなってときは検索エンジンで「ニュース」と検索するのですが(とても安直な検索クエリですが笑)、トップぺージに出てくるのはYahoo!ニュースです。(私の普段使用しているDuckDuckGoの検索ブラウザの場合)それだけ多くの方に閲覧されている人気のあるニュースサイトということでしょうね。私もよくこのサイトでニュースを見ていました。しかしながら、このYahoo!ニュースはかなり私の心を疲弊させていたということに気づいたのです。

「芸能・ゴシップ」記事が多すぎる。。

誰か分からない芸能人のゴシップ記事が多すぎて、本当に時間を無駄にしている感がありました。たくさんの方に見られているからこそ、そういった「芸能・ゴシップ」記事が多いのかと思うのですが、いくらなんでもやりすぎではと。(私の記事閲覧履歴に問題あるかもですが、おすすめ記事が全て「芸能・ゴシップ」記事だったのは唖然としました笑)

  実際、芸能・ゴシップ記事見てもあまり心を動かさせる感がないのでね笑

Yahoo!ニュースのコメントに心を痛める。。

Yahoo!ニュースのコメントですが、語気のとても強いものが多く心を痛めています。同様の内容が最近Twitterでも多くみられるようになって、それが一因となってTwitterを辞めることになりました。

人のむき出しの悪意ですとか、そういったものに不意に触れてしまうとけっこうダメージを受けてしまうんですよね。こういうものだと意識してみる分には問題ないのですが、ふいうちはきついです。しかも時に何万人もの人が同意していたりすると色々大丈夫なのかなと思ってしまうわけです。

話は脱線しますが、10年位前、まだ私が学生だった頃にはYahoo!で野球の試合を取り上げる際にリアルタイムでコメントを受け付けていたのですが、いつの間にかそれもなくなりました。(どうやら数年前に廃止されたようです。)コメント欄での選手・球団に対する誹りがひどかったのでそれが原因かと思います。

自分たちが楽しみにしてきたものを自分たちの手で廃止に追い込むというのが、なかなかディストピア感はありますね。

Yahoo!ニュースのコメント欄にある専門家のコメントもあまり当てにならない

記事によっては専門家もコメントしていることがあるのですが、専門家といってもその記事の分野外の方であったり、コンサル、ライターなど自称でもできる肩書の方も多く見られ、あまり参考になりません。

そもそもその分野に精通されている方がわざわざYahoo!ニュースのコメント欄に書き込むのかという点については疑義が残ります。ご自身の媒体などで発信されたほうがより効果的なのではないかと考えております。

よほどの事情がない限り、識者が自らYahoo!ニュースのコメント欄に書き込むことはないのかもしれませんね。

ニュースは「NHKニュース」と「ロイターニュース」を見ることにしました

最近は一般的なニュースは「NHKニュース」、経済記事は「ロイターニュース」にすることにしました。「ゴシップ・芸能」記事も少なく、良質な記事ばかりで、コメントなどもなくいい感じです。今後もこういった形で良質なニュースサイトを発掘していけたらと。

補足説明をいれる 少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。

ということで今日はこんな感じです!