アメリカの優等生協会(Honor Society)について調べてみた!

becca-tapert-391599

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカの優等生協会について調べてみたのでご紹介します!アメリカの優等生協会というと、全米優等生協会(National Honor Society)を思い浮かべる方も多いかと思いますが、実は優等生協会ってたくさん種類があるのです。

優等生協会の種類

たとえば、リベラルアーツだとAlpha Kappa Delta、エンジニアリングだとAlpha Engineering、法学だと、Phi Delta Phiなどギリシャ数字に由来のある団体名が多いですね。

優等生協会からオファーがあった!

私の場合はOmicron Delta Cappaというhonor societyからオファーがあったのですが、こちらの正式名称は、National Leadership Honor Societyで、リーダーシップを重視するビジネス系の優等生協会でした。私はコンピュータサイエンス系なので、なぜオファーが来たのか疑問ですが笑 おそらくですが、GPAをもとに一定の基準を満たしている人に連絡しているのでしょう。

私のGPAは3.8くらいあったので要件を満たしていましたからね。どうやら他の学生にも来ていたようなのでやはり成績が一つの基準でしょう。

優等生協会の申請基準

この優等生協会には学業だけでなく、ボランティア、サークル活動でのリーダーシップ、品行方正等の面で優れた優等生がノミネートされます。私がオファーを頂いたOmicron Delta Cappaの場合、リーダーシップを重んじていて学業以外に、(1)奨学金をもらっていること、(2)運動での優れた功績、(3)大学の自治活動への参加、(4)広報、(5)アート面での活躍、などが選考対象となります。

私は学業と奨学金関連は満たしているものの、課外活動はあまり行えていないので、申請しても受理されない可能性もあります。入会費が100ドルもかかるのでそもそも申し込ませんでしたが。

高校生向けの優等生協会などもあるみたいなので、レジュメを充実させたい人にとってはいいかもしれませんね。自身が優等生であることを示す一つの証ですからね。

自分が高校生の頃なら優等生協会に申し込んでいたかもしれませんが、この年になると箔付けより経験がものをいうので何とも言えないです笑

 

 

 

とはいえ、誉れあることではあると思いますので金銭的にも余裕がある家庭の方は申し込んではいかがでしょうか。ということで、今日はこんなところです!

あわせてお読みください!