アメリカ南部では異人種間結婚はめったにみかけない

couple-1246304_640

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は異人種間結婚の話題について解説します。異人種間結婚とは何か簡単にご説明します。

異人種間結婚とは?

 

異人種間結婚・・・異なる人種同士の結婚
白人ー黒人の結婚だけでなく、白人ーアジア人、黒人ーアジア人等も異人種間結婚の例です。

アメリカ南部で初めてみかけた異人種間結婚のご家庭

先日、私は買い物に行くために町へでたのですが、そこで異人種間結婚されたご家族に出会いました。お父さんがアフリカンアメリカン、お母さんが白人で子ども連れでした。

観光に行くのは長期休暇のみで、普段の大学生活では映画館やスーパーなどを除き、あまり外を出歩かないことから、私の行動範囲が狭いってこともあるのですが、おそらく私の生活圏では初めてみかけた異人種間結婚ですね。

アメリカ南部では異人種間結婚の比率が3.3%以下の地域が多い

アメリカに滞在して一年強となりますが、とても新鮮に感じました。統計をちょっとあたってみたところ、私の居住している州では異人種間結婚の比率が3.3%以下だったので、めったに見かけることはなさそうですね。

異人種間結婚を禁止する法律は、サウスカロライナ州では1998年、アラバマ州では2000年まで存続しており(参考)、こういった経緯からアメリカ南部では異人種間結婚が少ないといえそうです。黒人奴隷によるプランテーションを行っている経緯もありますしね。

ちなみに異人種間結婚が多い州はハワイ州だそうです。アジア系が多いことを考えると納得ですね。

大学のキャンパスでも異人種間で交流しているのはあまり見かけない

大学のキャンパスでも異人種間でからんでいるところをあまり見かけないませんね。大学アメフトやバスケ等のスポーツを除きます。やはり身体能力はアフリカンアメリカン優れていますので。

学食とかでも、黒人と白人が入り混じってご飯食べているのもあまり見かけませんしね。やっぱり人種同士固まっています。アジア系はアジア系で固まりますし。インド人は英語的なアドバンテージがあるので、どんなところにも割合混じっている感じもしますが。

現在の状況ですと、アメリカ南部では異人種間結婚がこれからも増えていきそうにはなさそうですね。

以上、今日はアメリカ南部から異人種間結婚について自身の経験に基づいてお伝えしました!

あわせてお読みください!