ヴァイオレット・エヴァーガーデンは名作

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はヴァイオレット・エヴァーガーデンは名作という話です。

優しい世界

基本的に優しい人しかでてこない世界観で素晴らしいですね。みなさんやさしくていつ見ても心が明るくなりますね。安心してみれるのはメリットですね。

最初は悲劇的な内容ではあったものの主人公の成長が感じられる

バトル物だと修行・バトル・成長というわかりやすい構図なのですが、ヴァイオレット・エヴァーガーデンは手紙を代筆する事を通じて人間の関係性における成長を続けていくってのがいいですね。殺戮ロボットとして育てられたヴァイオレットが手紙っていうコミュニケーションツールを通じて人間としての心を獲得していくっていうのはすばらしいですね。

手紙というツールは非日常的かも

手紙ってやっぱり非日常でめったに書かないものなのでいいなっていう思う一方、例えばLine代筆業ってのがあれば、なにか変わるのかなって思いましたがLineでは手紙ほどの思いを伝えることは難しそうなので、現代では非日常なものでだからこそどこか懐かしいノスタルジーちっくな感情が映像を通して伝わってくるのかもしれませんね。

ということで今日はこんな感じです。