日本(の大卒)でいい仕事につけているのであれば無理して大学院に行く必要はないかも

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は日本(の大卒)でいい仕事につけているのであれば無理して大学院に行く必要はないのかもという話です。

(今いい仕事につけているのであれば)仕事やめてまで大学院に行くメリットはほとんどない

現在すばらしい職につけているのであれば、仕事をやめてまで大学院に行くメリットはほとんどありません。むしろ大学院に行くことで金銭的にもキャリア的にも逆に負担は増えてしまうことになります。

日本のいいところは四大卒やどんな分野の人にも門戸を開いているところ

日本で就職する際のメリットとしては、海外なら院卒以上でないとつけないポジションであっても学卒でつけることがあることですね。たとえば海外で博士号取得者がつくポジションに日本の学士、修士の人がついていると羨ましくもありますね。

また、文系専攻の人がソフトウェアエンジニアになれたりと(アメリカはCSや数学、物理学専攻の学生がつくことが多いので)本当に羨ましく思いますね。

海外で働きたいのなら大学院に行っても悪くはないかも

日本で働いているのなら仕事やめてまで大学院に行くメリットは殆どないと思うので、どうしても自分の知識の棚卸をしたいのであれば夜間や休日、社会人向け修士課程に通うのがいいのかもしれません。

私はアメリカで修士号を取得したのですがビザ申請のときに有利に働いたのであれば将来的に海外で働きたいのであれば大学院に行っても悪くはないのかもしれませんね。

ということで今日はこんな感じです!