『ぼっちざろっく』を見て『空電の姫君』の打ち切りに思いを馳せる

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は『ぼっちざろっく』を見て『空電の姫君』の打ち切りに思いを馳せるという話です。

『ぼっちざろっく』はすばらしかった

『ぼっちざろっく』をNETFLIXで見てたのですが、最初はゆるキャン△的な作品かと思ったものの前衛的な?映像でサブカル好きに受けそうだなと。ポプテピピックみたいな作品ですね。

同じ女子高生バンドものだったのに打ち切りとなった『空電の姫君』

同時期に連載した冬目景さんの『空電の姫君』は事実上の打ち切りでした。掲載誌のイブニング場で廃刊となってしまい、どのみち連載終了は避けられなかったとはいえ、同じ女子高生バンドものをタイトルとしつつも、なかなか明暗が分かれてしまった感じです。

投げ出さないでほしい

伏線や謎を残しつつ投げ出さずに書き続けられたら『空電の姫君』ももっと多くの人に読まれていたと思うので素晴らしい作品であるだけにそこだけが気がかりです。

ということで今日はこんな感じです!