五等分の花嫁第61話-68話のスクランブルエッグの意味とは

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は五等分の花嫁第61話-68話のスクランブルエッグの意味について考察してみます。

調べログ
なんでタイトルがスクランブルエッグなのか初見で疑問に思っていました。

スクランブルエッグの意味とは?

ここにタイトル
ごちゃまぜにした卵です。卵が混ざっているイメージですね。

タイトルのスクランブルエッグは何を指す?

あくまで推測になりますが、5つ子がみな五月に変装しているので5つ子がごちゃまぜになっている状態、これがスクランブルエッグと言えるのではないでしょうか。事実、風太郎も5つ子の変装を見破るのに苦労した、というか鐘キスをした相手が原作最後までわからないくらい難問でしたからね。

5つ子のお爺ちゃんから見れば、スクランブルエッグ=『混ぜ卵』=『まぜた孫』

5つ子のお爺ちゃんから見れば、スクランブルエッグ=『混ぜ卵』=『まぜた孫』なので、この解釈が一番しっくりくるきがします。ただこのスクランブルエッグ=『まぜた孫』の状態であってもお爺ちゃんは愛があれば簡単に見分けれることができるので難問ではないってことなんでしょうね。

ということで今日はこんな感じです!