五等分の花嫁9巻第72話でなぜ四葉はありえませんと回答したのか考察してみた

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は五等分の花嫁9巻第72話でなぜ四葉はありえませんと回答したのか考察してみました。

ありえませんは衝撃だった

あれだけ風太郎を初期の初期から慕っていた四葉がありえませんというシーンは衝撃で初めて読んだ時は闇落ちを彷彿とさせて今後この子は大丈夫なのかなと考えました。私は基本的に闇深い子がタイプなので四葉や一花は素晴らしいなと思いますね。

三玖を立てるために自ら身を引いた四葉の悲しさが表情に顕れている

いままでは陽気で悩みごとのない四葉だと考えていましたが、人一倍風太郎に対しては想いを募らせているものの三玖や他の姉妹が風太郎に想いを寄せてひたすら努力している様を見て自ら身を引く表情であれほどの闇を見せるのかということは衝撃でしたね。あのシーンからは四葉ちゃん、風太郎のこと大好きなのにその感情押し殺しているでしょっていうのがひしひしと伝わってきますね。

正直この時点で既に両思いだったと思う

四葉と風太郎が付き合っているという噂を四葉から聞かされた風太郎はありえないといっていましたが、実は動揺していてそれでその動揺を隠すためにトイレに行ったのではないかと考察します。風太郎自身も三玖や他の姉妹が風太郎を想っている事を知っていましたし、またクラスメートに変な噂をたてられるのを嫌ったことから、(好きだけど)あのような否定をしたのではないかなって思いますね。

ということで今日はこんな感じです!