アメリカでお酒全く飲まなくなった

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカでお酒を全く飲まなくなった話です。

アメリカでお酒全く飲まなくなった

もともと日本ではつきあいや接待などでお酒を飲む機会が多々あったのですが、アメリカはほぼなくなりました。コロナのせいではなくて、そもそも機会が少ないのです。ごくたまにありますが、日本にいた頃の十分の一以下ですね。

酔っ払って街を歩くのが心配

日本だったら終電まで飲んでほろ酔い気分で帰るなんてこともできるのではないかと思うのですが、アメリカで酔っ払って深夜に街を歩いていたら、間違いなくやられそうなので心配ですね。

アメリカではお酒飲まなくても生きていける

街を歩けば野外飲食でお酒飲んでいる人も見かけますが、最近はお酒飲まなくても全然生きていけるということに気づいたので基本的にお酒飲まなくて大丈夫かもしれないですね。

けっこうお酒に関してはアメリカ厳しくて、レストランでの飲食は大丈夫ですが、路上飲酒していると罰せられることもあるので注意が必要ですね。

日本は飲酒に寛容ですからね。

ただ、日本戻ったらお酒飲みたいかも笑

日本戻ったら気軽にお酒を飲める環境が広がっているのでついつい誘惑に負けて飲んじゃいそうですね。日本での楽しみとしてお酒を飲んでみたいですね。

 

ということで今日はこんな感じです