『空電の姫君』最終巻を読んだ感想

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は『空電の姫君』最終あかんを読んだ感想についてお伝えします。

皆さんにぜひ単行本を読んでいただきたいと考えておりますので、直接的なネタバレは控えます。

イブニングではまさかの打ち切りエンドかとヒヤヒヤしたけど

イブニングでも読んでいたのですがまさかの打ち切りエンドかとヒヤヒヤしました。単行本を読んでみると大幅に加筆されていたのでよかったです。

余韻や雰囲気は全盛期と変わらなかった

好みは少し分かれちゃうところかなとも思いますが、急展開っぽい形かもしれないけど余韻や雰囲気はイエスタデイをうたっての初期のそれと変わりなくいつもの冬目景さんの作品だと感嘆しましたね。個人的にはめちゃくちゃ好みでしたね。

結末は最初から練られていたのかも

『空電ノイズの姫君』の冒頭で今回の結末が暗示されておりますので結末は作者の頭の中で最初からあって、後はそれをどのタイミングで出すかって感じだったのかなと思いますね。雑誌連載上では割と早い段階でやめることになっちゃったのかもしれませんが、それでも個人的には納得の行く終わり方だったと思います。

ということで今日はこんな感じです!