なぜ田舎の人はリポビタンDをくれるのか

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はリポビタンDについてお話したいと思います。

地方に出張に行くとリポビタンDをもらえる

以前、地方に出張に行ったときのことですが、遠方からよくいらしましたということでリポビタンDをもらいました。缶コーヒーのこともあるけれど、瓶でリポビタンDをくれたときはカルチャーギャップを覚えましたね。

レッドブルやモンスターと同じような感覚なんでしょうね。確かにリポビタンDは元気出ますからね。

祖父母の家に遊びに行くともらえた

お正月やお盆に祖父母の家に遊びに行くと帰り際に上記のようなリポビタンDを1ケース10本入もらっていましたね。

 

子どもにリポビタンDをあげるのは元気が付きすぎちゃうのではと思うもののお土産としても成り立つくらいすばらしいものってことでしょうね。

田舎におけるリポビタンDの信頼感はすごい

特に農家で力仕事する方(私の祖父母もそうだった)に多いのですが、疲れた身体にしみわたって元気をつけるものとしてリポビタンDが重宝されているのではないかと思います。

大人がリポビタンDを飲んでいる様は大人びてみえた

リポビタンDだったりコーヒーだったりを大人が飲んでいる様はとても大人びてみえて、いつか自分もこうなれるのかと思っていましたね。結局カフェイン耐性があまりない身体なのでほとんど飲めていないのですが、いつもリポビタンDを見るたびに郷愁がフラッシュバックされてくるのです。

ということで今日はこんな感じです!