アメリカの電話はオペレーターにつながるまで時間がかかる

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカでの電話の話です。ちょくちょくアメリカで電話かける機会があるのですが、オペレーターにつながるまでがまず大変なのでその話です。

基本的に最初は自動音声につながる

カスタマーサポートのオペレーターにつなげたいと思っても最初は自動音声につながるんですよね。そこで自分の会員IDやアカウントを入れて、自動音声でどういったトラブルがあるのか伝えていく感じです。自動化して人力削減という感じでしょうか。

コロナもあいまってオペレーターにつながるのが数十分かかることも

コロナ禍もあいまっていろいろ忙しいのでしょうか、基本的に全然つながらないですね笑

スピーカーモードの使い方を覚えた

基本的に全然つながらないので、スピーカーモードにしてそのまま放置しています。自分の仕事や趣味を続けていってオペレーターにつながったら話始めるって感じですね。日本みたいに数分でつながるなんて考えない方がいいですね。

正直、めちゃくちゃ適当

アポイントメントとかとっても実は全く取れてませんでしたとか、全然違う日にアポイントされてましたってことが多々あるのでこれが自由の国アメリカなのかなって思いますね。こちら側に落ち度はそんなにないのに何でこうなるのって思うこともままありますが、海外に住むってこういうことなんでまあ仕方ないことだと割り切っています。

ということで今日はこんな感じです。