結局自分たちで選択してきた社会だから

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はコロナウィルスとそれを巡る対応で考えたことについてです。

台湾の初動の速さと閣僚の優秀さ

メディアでも再三取り上げているように問題が生じてからの台湾の初動の速さ、そして閣僚の優秀さというのはすばらしいなと。素早い入国禁止の対応も然り、38歳のスーパーエンジニアがマスクの在庫を見える化してマップに落とし込んだ件や転売対策なども現代社会に即したものです。

結局、血筋やコネで回してきたから

私自身、コネ自体は悪いものではない(コネによって人間性が担保できていたりするし、変な人を間引き出来るメリットがある)と思いつつも、結局何の専門も持っていない人が若い人たちを使って我が物顔しているだけで、そのつけが今自分たちに跳ね返ってきているという気がします。答弁についても理解しているわけではないですから、人のを読み上げるだけですし、ポエムのようなものしか出せないですからね。

それを選択してきたのは私たち自身

だからといって今の内閣総辞職しろとか、政権交代しろとかそういった話をしているのではなくて、(おそらく政権交代してもうまく回らないでしょう)そのような社会を是としてきたのは私たち自身であって、選択のツケは如実に自分たちに返ってきてしまうということです。ですから日々の生活で気になることがあったりして日々改善できるよう私たち自身がすることはあると思います。

どんな環境・社会においても生き残るようにするのが大事

たとえば、今回の件では観光業は大ダメージを受けていますが、映像作品のサブスクリプションであったり、Youtuberには追い風が吹いているわけで、そういった産業に目を向けることであったり、Web系のエンジニアでしたら自宅出勤であってもしばらくは対応できそうですから、そういったIT職につくであったり様々なことが考えられますよね。

パソコン一つで仕事できるっていうことも案外悪くはないのかなって思いましたね。

ということで今日はこんな感じです。