楽なことと楽しいことはたぶん違う

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は最近感じていることについて述べられたらと思います。

楽なことは必ずしも楽しいとは限らない

学生のことは楽なこと=楽しいことと混同していたのですが、実はそうではないのではということに気づくようになりました。特に仕事に当てはまることなのですが、楽な仕事を選んだとしても裁量もなく定型的な仕事ばかりで、私はそれをあまり楽しいとは思いませんね。

ちょっとハードかもしれないけど楽しいことっていうのはある

ちょっとハードな内容かもしれないけれど、ハードなことを乗り越えることで次のステージに進めることだったり、楽ではないことを積み重ねていくとできるようになるっていうことはあるわけで、私はそういったことに楽しさを感じますね。

楽しいことをしようと思ったらまずは楽をしようと考えないほうがいいかも

楽なことを選んだばかりに楽しいことが結局できないってこともありがちなので、楽ってことを考えずに楽しいことを追求しようって考えた方がよさげかもしれませんね。

ということで今日はこんな感じです。