自己剽窃には気を付けたい

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は自己剽窃についてお伝えしたいと思います。

自己剽窃とは?

 

自分が以前書いた論文を引用せずに、別の論文で使うこと

自分で書いた論文でも引用しないといけない

自分で書いた論文なら引用しなくても大丈夫なのかなと思ったんですが、ちゃんと引用しないといけないようですね。確かに同じような論文を書きまくれば、無限に実績増えちゃいますし、なにより査読者の目を欺くことにもつながりませんからね。他人の論文を引用することは当然として、自分の論文も他人の論文と同様に厳格に引用する必要があるとこの年になって初めて学びました。

論文の二重投稿にもつながりかねませんので、結構深刻な問題ですね。

新しい論文では既存の論文をもとに新たな内容を示す必要がある

既存の自己論文と同じような内容を書いたのではあまり意味がありませんから、既存の自己論文を上回る新たな内容で論文書く必要がありますね。既存の自己論文を組み合わせて新たな理論を発表するっていうのもなかなかいいものかもしれませんね。

ということで今日はこんな感じです!