聲の形がとても素晴らしかった件

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は聲の形がとても素晴らしい件です。

表紙がすばらしい

聲の形の一巻と最終巻の対比となるのですが、いじめっこ<->いじめられっこだった二人の距離感が最終巻でぐっと縮まっているのはすばらしいですね。

人間誰しもこういう面があるっていうことをうまく描写している

いじめや障害がテーマだと、誰が一番悪いってことじゃなくて、嫌なことから目を背けたり、見て見ぬふりしてしまうことあると思うですよね。そのあたり大人になってから後悔したり、逆に他人に対して責任を押し付けちゃったりそのあたりのあるある的な人間の機微がとてもすばらしいですね。

各キャラクターの個性が色濃くでている

出てくるキャラクターも個性がたっていてやっぱり人間描写の機微がすばらしいですね。

少年誌版『おやすみプンプン』

読後感がおやすみプンプンによく似ているんですよね。おやすみプンプンは最後は大団円のハッピーエンドでしたが、聲の形も将也が他人を認められるようになるハッピーエンドなんですよね。

『不滅のあなたへ』を全巻観たい

アニメ一期しか見れていないのですが、全巻購入して読破したいものですね。

 

ということで今日はこんな感じです!