面接でビザの問題を痛感。。

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は面接でビザの問題を実感した話です。

試しに転職活動してみた

実際に転職するかは未定ですが、自分の市場価値を知るために試しに転職活動をしてみました。転職活動はどのように行っているかというと基本的に企業の公式サイトでめぼしい求人見つけたらそのまま申し込む感じです。今回は自分のこれまでの経歴ととてもマッチするポジションなので申し込んですぐに早速リクルーターから連絡がきました。

面接はとてもいい雰囲気だったけど

面接自体はとてもいい雰囲気で面接の終わりの方で次のステップに進みますという連絡があり、手応えあったなと思ったのですが、数時間後にリクルーターから次のステップに進めたいという連絡がありました。ビザサポートができないからという理由ですね。一応申請するときに将来的なビザサポートが必要ですかという欄にYesとチェックをしたのですが、どうやら見てくれなかったと思いますね。

ビザサポートしてくれるところに応募したい

そもそもビザサポートしてくれるところに応募したいですね。そうでないとお互いちょっと時間の無駄になっている感はありますので。。

ということで今日はこんな感じです!