クミン(孜然粉)があると料理がはかどるなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。最近、新鮮なラム肉を仕入れたのですがどのように調理したらいいか考えてみました。ラム肉のクミン炒めにしてみると美味しいかなと思い実際に料理してみたところ、とても美味しかったのでその紹介になります。まずはクミンについて紹介します。

クミンとは?

スパイスの一種でインドカレー等によく使われる。味はエスニックな感じで食べ慣れない人にとっては刺激が強いかもですが、慣れるとやみつきになります。

日本でもクミンは手軽に手に入りますので、ぜひ購入してみてください!

クミンは羊肉串によく使われる

池袋の中華系のお店でよく羊肉串を食べるのですが、その羊肉串にたっぷりふりかかっているのがクミン(と唐がらし)です。その美味しさに心ひかれてラム肉のクミン炒めを作ることにしました。

ラム肉のクミン炒めは最高!

レシピはいたって簡単でまずごま油をひいて、そこに長ネギをきざんだものやキャベツなどに味付け塩コショーをかけて炒めます。野菜がしんなりしてきたら、ラム肉(私が購入したのは火鍋用の薄切りラム肉)を投入します。そこにたっぷりのクミンと一味唐辛子をふりかけ、ラム肉の赤身がなくなったところで火をとめます。

 

ラム肉のイメージはこんな感じです!既にカットされていて炒めるときにとても便利です。

 

一味は定番のS&Bのを使いました。

お味は想像通りの味ですばらしかったですね。また一つ料理のレパートリーが増えました。

ということで今日はこんな感じです!