「シン・エヴァンゲリオン劇場版」をリアルタイムで見れないのは辛い

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は「シン・エヴァンゲリオン劇場版」をリアルタイムで見れないのは辛いという話です。

日本に住んでいたら、確実に初日に見に行っていた

日本では3月8日月曜日に公開ということで日本に住んでいたら確実に初日に見に行っていたと思います。ただ、こちらではそもそもいつ公開されるのかはわからないので私がアメリカで見れるころにはネタバレであふれているのではないでしょうか。

思春期にエヴァンゲリオンに触れられたのは幸せ

話は変わりますが、「漫画家残酷物語」という60年代に思春期の心を掴んだ漫画があったのですが、この作品を20代中盤で読んだときはそれほど響かなかったのですが、これはエヴァンゲリオンにも当てはまるのかなって思いますね。

30、40代になってエヴァンゲリオンに触れてもなんだこれはってなっていたのかもしれないのですが、中高生の多感な時期に触れられたのはとても幸せなことなのかもしれませんね。

いつかDVD借りるかサブスクで見たい

エヴァンゲリオンは一人で見るものじゃなくて、友人や家族と見て盛り上がれるものなのでいつかみんなで見たいですね。多分来年かな。

ということで今日はこんな感じです!