アメリカでは果物が安いのがうれしい

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカで果物が安くてうれしいという話です。

日本より気持ち果物の値段が安く感じる

野菜の値段は日本と遜色ないと思うのですが、果物の値段は比較的に安く感じます。例えば、秋〜冬の時期ならりんごや梨を購入するのですが、どれも1個1ドル位で買うことができます。日本だと1個100円〜200円だったかと思いますので比較的にやすく買えますね。

日本でよく見かける上のようなふじのりんごも1個1ドル、また最寄りのスーパーだけでなくAmazon Freshでも購入できるのでとても便利です。私の冷蔵庫にはいつもりんごが入っていて夜などお腹が空いた時に夜食として食べています。

ベリー系は安い

いちご、ブルーベリー、クランベリー等は日本で購入するより、かなり安くより身近に感じますね。思い返してみると日本って果物が美味しいけど高いっていうイメージがあったので自分では積極的に購入しておりませんでした。みかんはたまに買っていましたが、ベリー系はまず買ったことがないです。ただこちらでは手軽に購入できる値段なので普段から仕入れています。

夏はメロンがおすすめ

夏はよくメロンを購入するのですが、1グラム当たりの値段は日本の3分の1程です。やっぱり果物がこんなに安く買えるってのは幸せなことですね。

最近はおやつを買うのを辞めてもっぱら果物のみで生活しています。意外とおやつなしでも生きているので果物はおすすめですね。

ということで今日はこんな感じです!