アメリカから日本に帰る基準

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカから日本に帰る基準について自分なりに考えたことをご紹介します!

ビザの問題は当分大丈夫そうだけれど

ビザの問題は個人的に当分大丈夫そうなのでアメリカで住む分には特に問題はなさそうですね。仕事でよっぽどのヘマをしない限りはもう数年はいれるんじゃないかと思います。

人種差別が起きないかだけ心配

日本に帰る基準として真っ先に上げられるのがアジア人に対する人種差別(アジア人排斥運動)が起きないかってことです。アジア人排斥運動が起きてしまうと身の危険を感じてしまいますからね。逆にいうとこれさえなければしばらくは大丈夫そうかなと。

一応リスクヘッジはしている

ヒスパニック・アジア系・欧州系等様々な人種の入り混じったところに住んでいるのでこのコロナ禍やデモにおいても特定の危機を感じたことはありません。黒人しかほとんど住んでいないような地域に住んでいるのであれば身の危険を感じることもあるのかもしれませんが、そこはリスクヘッジしていますね。

正直、アメリカでの職歴積めば日本帰っても就職は大丈夫だと思う

まだ、アメリカでの職歴短いからあれですが、もう数年働いて日本に戻れば30代前半、修士卒、職歴日米通算6年以上とかだと少なくともどこかの企業には引っかかるのかなと思いますのであまり心配はしていませんね。

このコロナ禍さえ乗り切れればしばらくは大丈夫なのかなと思います。

ということで今日はこんな感じです!