日本の湿度について考えてみた

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は梅雨入りしたということもあり、日本の湿度について考えてみたのでそれについてお伝えできたらと思います。

日本の湿度は肌によいのかもしれない

アメリカにいたときはかなり乾燥していて、特に冬は肌がカサカサになってしまいました。化粧水や乳液が欠かせなくなってしまいます。逆に日本はいつも湿度が高いので、肌にやさしいかもしれません。

直射日光も海外の方が強いかもしれない

突き刺すようなまぶしい直射日光なので北米の南部にいたときは、サングラス必須でした。紫外線から身を守るという観点からは日本にいた方がいいかもしれません。

日照時間の短さも関係しているかも

日本海側の地域ですと、冬の間は雪雲の影響もあってかなり日照時間が短いので、それで肌にやさしいかもしれません。

ジメジメ感は長所も短所もあると思う

ジメジメしていると洗濯物がなかなか乾かなかったり、なんとなく蒸して心地よくない、あるいはカビの心配なんて考えちゃうかもしれませんが、保湿って観点からすると悪くはないかもですね。

ということで今日はこんな感じです!