収入が少なくなっても安い家賃のところ住んでいればなんとかなる

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は家賃の話です。このコロナ禍によって家計が苦しくなっている方もいるかと思いますが、家賃を抑えればこれまでの貯蓄である程度はなんとかなるかなと思ったので今日はその件です。

職住近接を推進していたけど

職住近接
会社の近くに住むこと

平時のときは家賃は高くてもいいけど会社の近くに住んで、いくばくかの家賃手当もらってバリバリ働くってことを考えていましたが、感染症が拡大して家に閉じこもらないといけないときは家賃の高いオフィス街で働くっていうのはけっこう金銭面でのリスク高いなと。

通勤時間1時間以上かかってもいいから安い家賃のところに住む方がいいかも

たとえば新宿にオフィスある方であれば、近辺に住むよりも小田急線で神奈川まで行って相模原あたりの家賃安いところに住めば、いざ給料が下がったりレイオフされちゃったりしても、高い家賃を払わずに住みますから、生活的リスクを減らすことができますからね。

多少の通勤時間はいとわない

感染症の拡大している状況下でリモートワークで働くのであれば、別にオフィスに行く必要は当分ないわけで、多少の通勤時間はいとわないです。安くて広い郊外のアパートでまったり生活ができるのはやっぱりすばらしいことかもしれませんね。

今回の件で自分の人生観も大きく変わりましたのはしばらくは(通勤が不必要であれば)郊外に住みたいと思います。

ということで今日はこんな感じです!