アメリカに行って災害をそれほど気にしなくなった

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカに行って災害をそれほど気にしなくなった話です。

日本にいた時は地震・台風と災害を気にしていたけれど

関東大震災や南海トラフ大震災がいつ来るかわからないですし、日々の小さな地震にもちょっと怯えていたのですが、アメリカ行ってからはそれほど気にしなくなりました。

南部にいた頃はハリケーンが年に数回来て怖かったですが、北東部ではそんなにハリケーンはこないですね。西海岸では山火事がひどいようですが、北東部では山火事もそんなことないですからね。

災害気にしなくていいと心の平安が保たれる

日本にいたころは災害関連で漠然とした不安を感じていたのですが気にしなくていいと心の平安が保たれますね。その分、治安が悪くてその面での不安はあって相殺感はありますがね。メディアにも触れる機会が少ないので災害の話も目にすることはないですからね。ただでさえ、コロナで社会情勢が不安定な中で災害とか気にしちゃうと気が滅入っちゃいますからね。

災害がなくて治安が良いところに住みたい

災害がなくて治安が良いところに住めればそこがベストだと思うので色々と調べていきたいですね。

ということで今日はこんな感じです!