正直、Essential Services(エッセンシャルサービス)に従事する方は尊敬してる

みなさんご機嫌いかがでしょうか。アメリカではロックダウンが大都市を中心に発令されていて基本的に外出は禁止されているのですが、そんな大変なときでも働き続けている方がおりますので今日はその紹介をしたいと思います!

エッセンシャルサービスとは?

エッセンシャルサービス
生活に必要不可欠なサービスのこと

エッセンシャルサービスの例

-ヘルスケア関連(病院、介護施設、医薬品の卸、研究開発関連等)

-インフラ関連(電気、ガス、水道、通信、空港、公共交通)

-製造業(食品、化学、医療、衛生用品)

-メディア(新聞、テレビ等)

-金融業(銀行、 保険等)

-小売業(スーパー、ドラッグストア、ガソリンスタンド等)

-その他(ゴミ収集、郵便配達、清掃業、自動車修理、国防関連等)

けっこうたくさんありますよね。IT業界がさっぱり記載されていないのは気になりましたが、インターネットを社会インフラとして位置づけると(データセンターを構える)ネットワーク・インフラ系の企業はエッセンシャルサービスに位置づけられそうですね。(実際、ロックダウン下でも職場に行こうと思えば行けるみたいです。)

リモートワークが主流の中でリスクを冒して外で働く方々には感謝しかない

先日もAmazon利用したときにすぐに届けてくれましたし、UPSの職員の方もN95マスク着けて荷物を届けてくれました。スーパーも感染リスクを恐れて閉まりつつありますが、生活に不可欠な生鮮食品をこれまで提供してくださった方々には感謝しかありません。

自分の命を冒してまで公共サービスを提供してくださった公共交通のみなさんにも感謝の気持でいっぱいです。

医療機関のみなさん、スーパーや飲食店で働かれているみなさん、Amazon,UPSやUSPSのみなさん、本当にありがとうございます!今回の件でお世話になったお店は今後ともひいきにしたいですね。

ということで今日はこんな感じです!