アメリカでのお寿司食べ放題店攻略のコツ

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカのお寿司食べ放題攻略のコツについてお伝えしたいと思います!

疑問
アメリカのお寿司屋さんって日本のお寿司屋さんと違って敷居が高い感じですよね。回転寿司もそこまで多くはありませんからね。
調べログ
そこで今日は自身の経験に基づいてアメリカのお寿司食べ放題店攻略のコツについて考えてみました。
なお今回対象となるお寿司屋さんは日本の高級お寿司屋さんのようなものではなくて、地方都市によくあるようなお手頃な食べ放題お寿司屋さんを想定しております。

アメリカでのお寿司食べ放題店の値段と食べられるもの

ランチ食べ放題:20ドル前後(チップ込)、ディナー食べ放題:30ドル前後(チップ込)。
ランチではお寿司、揚げ物、サラダ、麺・ご飯類の食べ放題。ディナーではランチメニューに加えてメニューが追加され、お刺身等も注文できるお店が多いです。

アメリカの食べ放題のお寿司屋さんではこれを食べるべき!

①サーモン

サーモンはどこで食べても本当にクオリティ高いです。日本と同じようなクオリティのサーモンが楽しめるので、まずはサーモンを注文してみるのがよろしいかと思います。サーモンアボカドロールを注文してみると本当においしいですね。

②うなぎ

うなぎもおそらくチルドのものを使っているかと思うのですが、どこで食べてもおいしく安定したクオリティです。タレも異国ではなかなか食べれないような甘いタレなので日本を思いだすことができてとてもおすすめですね。

③鯛

鯛も可もなく不可もなくという感じで美味しく食べられますね。

④鯖

日本のしめさばのように酢が効いているということではありませんが、鯖を食べているなという実感はあり、どこで食べても安定した美味しさです。

⑤アボカド料理全般

アボカドの巻寿司はとてもおいしいものが多いですし、アボカドサラダも濃厚ですので一品はアボカド料理注文してもよいかなと思います。

⑥豚カツ

揚げ物をやってるところもあるのですが、豚カツは薄切りの豚肉に火がよく通っていて新たな境地を開けたのでおすすめです。

 

食べ放題ではこれは食べない方がいいもの

①まぐろ

マグロの色がやけにピンクで味もそこまで美味しくはないですね。日本のマグロを想定して食べるときつい感じです。わざわざ海外で無理して食べるものでもないですね。

②白まぐろ (アブラソコムツ:white tuna)

味のないロウソクを食べているような味で非常においしくないです。食感もべチャッとしていて最悪ですね。炙れば何とか食べれそうな気もしますが、あいにくアメリカの食べ放題のお寿司屋さんには炙りがないことが多いのです。これだけはアメリカのお寿司屋さんで絶対食べてはならないものです。何より食べてはならない理由の一つがこの白マグロ消化できずにそのまま排出されちゃうんですよ。もはやバイオ兵器ですね笑

私は知らずに食べて後悔しました。

サイドメニュー充実しているので頼んでもいいかも

枝豆、フライドポテト、うどん、チャーハン、豚カツやチキンカツなど様々なメニューがあるので、お寿司だけにこだわらず様々なものを食べてみるとお口直しになってよいかもしれませんね。

ということで今日はこんな感じです!