セントラルヒーティングめちゃくちゃ暖かい件

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はセントラルヒーティングについてです。まずはセントラルヒーティングについて簡単にご紹介します。

セントラルヒーティングとは?

1箇所の熱源(ボイラーなど)から家全体を暖める方式。家全体が暖かくて心地よい。海外でよく利用されており、日本のエアコンのように一部屋のみを暖める形式とは異なる。

集中管理なので温度調節がしづらいという欠点も

人それぞれ寒さの感じ方は異なるので、ある人はセントラルヒーティングつけてもまだ寒く感じたり、別のある人はセントラルヒーティング暑すぎて困っちゃうなんて方もいたりして人によって意見はそれぞれなので、最適解が見つからず温度調節も難しそうですね。

寒い地域ほどセントラルヒーティングのおかげで室内暖かい

ロシア・中国など旧共産圏の寒い国とかアメリカの北部とか行くとセントラルヒーティングが通っているのですが、屋内に入った瞬間あったかいってなるんですよね。東京に住んでいた時の寒い部屋に暖房入れて温めるっていうあのひと手間がないんですよ。これはかなり過ごしやすさに影響を与えますよね。

乾燥には注意が必要!

セントラルヒーティングですと、部屋の中が乾燥してしまうので加湿は必須ですね。加湿器がない方であっても、濡れタオルやお皿に水をひいておくことによって加湿が可能です。

ヒートショックも予防できる

脱衣所にもセントラルヒーティングが入っているので、急な気温差でヒートショック引き起こすことも防ぐことができますね。

個人的にはセントラルヒーティングもっと普及していいかもって思っちゃいますね。

 

ということで今日はこんな感じです!