アメリカで初めて歯科にかかってきた

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカで初めて歯科にかかってきた話です。

会社の医療保険使って歯科検診に行ってきた

会社の医療保険を使うと歯科検診が無料になるということに気づき行ってきました。コロナが怖かったんですが、最近落ち着きつつあることからせっかくなので行くことにしました。実際行ってみると歯科医が完全防備していて患者独り言に手袋や医療器具を変えていたので多分大丈夫そうですね。

治療の流れ

日本と殆ど変わらなかったですね。X線で撮影して、歯科医に見てもらってクリーニングしてもらった感じです。

なんと虫歯があった!

何と虫歯が見つかりました。。歯科検診自体は無料なのですが、虫歯治療はお金がかかってしまいますが、せっかくなので虫歯治療を受けることにしました。

気になる費用は?

まずdeductibleと呼ばれる、医療保険が適用される前に必ず払わなければならない自己負担費用を払います。その後、Co-Payと呼ばれる費用(20%負担)が発生するので、詳細の金額はまだ出ていないのですが、おそらく虫歯一本で合計100ドルは超えそうな感じですね。

虫歯には気をつけたい

日本より格段に高いので日々の健康には気をつけたいところですね。虫歯だけには絶対になりたくないなと思いましたね。

歯科医のレベルが高かった

クリーニングするときむりくり治療器具を押し付けてくる歯科医もいてとても痛い思いをしていたのですが、こちらの方はそんなことはなくて今まで受けたことのある医者の中で一番良かったですね。

おみやげに歯ブラシセットをもらった

ちょうど買い換えようとしていたので嬉しい限りです。

ということで今日はこんな感じです。