天気が悪いと眠くなるのはなぜか

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は天気が悪いと眠くなるのはなぜかという話です。天気が悪いといつも眠くなっちゃって仕事にならないんですよね。ということで今日はなぜ天気が悪いと眠くなるのか調べてみました。

天気が悪いと眠くなるのは気圧が関係している

一般的に言って、天気が悪い日は気圧が低いです。この気圧が低い時は空気中の酸素濃度が通常よりも少し薄くなってしまい、そのせいで眠くなってしまうというわけですね。

外がいつもより暗くて起きづらい

いつもなら6時頃になると明るい地域でも雨が降ると8時になっても雨雲が立ちこめて薄暗かったりして、なかなか起きづらかったりします。朝7時に起きようと思ったのに気がついたら朝9時でした。朝活できなくて損した気分ですね。

外の天気に頼らなくていいように、タイマー付きの照明買って寝室につけたいですね。そうすればたぶん大丈夫でしょう。

カフェインにはあまり頼りたくはない

眠いとついついカフェインに頼ってしまうのですが、カフェインやっぱり胃によろしくないので、できるだけ控えています。

運動すると目が覚める(気がする)

たまに眠気覚ましに運動するんですが、これが今のところ効いている気がしますね。けっこういい感じですね。やっぱり運動大事ですね。

ということで今日はこんな感じです!