歌は上手じゃなくても心に響けばいいかも

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は歌は上手じゃなくても心に響けばいいのかもって話です。

ビートたけしの「浅草キッド」に心を打たれる

ビートたけしの「浅草キッド」って本当にいい歌で最近よく聞いているのですが、歌ということを考えたときにビートたけしより上手い歌手はたくさんいるんですよね。この曲は様々な人にカバーされているのですが、それでもビートたけしより心に響く歌手がいないですんよね。多分これはこの歌がたけしの実体験に基づいていて、それだからこそビートたけししか出せない味を醸し出しているのかと思います。いやー本当に聞けば聞くほどいい曲なんですよね。少年よ大志を抱けって感じと思えば遠くへ来たもんだって感じが両方醸し出せれていて素晴らしいです。

オザケンの「今夜はブギー・バック」もとても魅力的

オザケンの「今夜はブギー・バック」も一般的に言ってオザケンより歌唱力がある人はたくさんいるのかなと思うのですが、それでもオザケンにしか出せない色気というのがこの歌には出ていて個人的にはオザケンが一番しっくりきてますね。

歌が上手くなくてもその人しかない味が出せればいいかも

音程が多少外れていようが問題じゃなくて、その人の生き様だったりその人しか出せない味が出せればいいのかなって思った次第です。

ということで今日はこんな感じです!