引っ越しの労力を軽減したいなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。最近引っ越すこととなりバタバタしておりますので、今日は引っ越しの話題をお伝えできたらと思います。

引っ越し作業めちゃくちゃ疲れる

引っ越しの度に思うのですが、引っ越し作業ってめちゃくちゃ疲れるんですよね。全てをきれいにしなければいけない労力、その後の新天地での現状復旧作業等の労力は半端ないものです。

一日で三日分のエネルギーを費やしているような感じです。

荷物はできるだけ少なくしたい

引っ越し先に送る段ボールが6箱くらいになっちゃってこれは失敗したなと。そのうちの3箱がPC周りのものでデスクトップPCであったり、モニターであったりします。商売道具なんで仕方ないなとは思いつつもベアボーンとか小型で軽量のPCの方が今後買うべきかもといろいろ考えちゃいますね。

引っ越し先は家具備え付けですのでそれであれば荷物は多くとも3箱くらいにおさえたいところです。

ミニマリストは引っ越しと相性がよい

私は紙の書籍は一切持たない様にして全て電子書籍に統一したので今回は紙の書籍を運ぶ必要は全くなくなりましたのでいいことかなと。主な荷物は冬物の衣服と食器・炊飯器・生活用品の類ですがこれはしかたがないですね。

引っ越し費用もばかにならないので、捨てられるものは引っ越し元で捨てたり、友達に挙げるなりしてから身軽にして去りたいですね。

引っ越し先はできるだけ暖かい地域に住めば荷物は少なくて済む

どうしても寒い地方に引っ越してしまうと冬用の衣服等で荷物が増えがちなので、やっぱり住むところは暖かいところに限るのかなと笑 暖かい地域で過ごせるように努力したいんですが、発展している都市ってその国の中でも比較的寒いところが多いんですよね。やっぱり暖かいところだと生活の心配がそこまでなくてあんまり都市も発展しないのかなと。

 

ということで今日はこんな感じです!