アメリカでも安価で美味しい大福が食べられることに気づいたなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカで大福を食べた話です。ふとアジア系のスーパーに行ったら大福があることに気づきました。

様々な種類のフレーバーが

普通の白い大福に加えて、豆大福、草大福、ゴマ大福がありました。私は無類の豆大福好きなので豆大福をチョイスすることにしました。

気になるお味は?

粒あんのいたって普通の豆大福でした。日本でいうヤマザキ製パンが出しているようなプレーンの豆大福です。こんなものがアメリカで食べれられると思いもしなかったのでいい感じです。

大きさは?

けっこう大き目の昔ながらの大福って感じです。ボリューミーで食べ応えはありましたね。

気になる価格は?

何と2ドルでした!これは安いですね!日本のコンビニで大福買ってもこのくらいの値段しますから、異国で食べられるとなると全然ありです。

製造者は?

不明ですが日本からの輸入品で、輸入業者はロサンゼルスにあるJFC Internationalという会社でした。どちらで製造しているか書いてあるといいのですが。このあたりはもやもやしますね。

疲れたときにまた食べたい

なんとなく日本を思い出す味なので疲れたときにまた食べたいですね。

ということで今日はこんな感じです!