アメリカで自動車運転苦手なのはけっこう辛い

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカで自動車運転苦手なのはけっこう辛いっていう話です。

アメリカで自動車運転できないと住める場所限られてくる

アメリカで自動車運転しないで生活できる場所ってニューヨーク、ボストン、ワシントンDC、ぎりぎりサンフランシスコ、ロサンゼルスやアトランタあたりだと思うのですがやっぱり大都市以外辛いですね。仕事でどうしても地方に行かなければならないっていう時に車運転できないのは大きなディスアドバンテージとなります。

日本でも自動車運転できないで生活できる場所っていうのは限られていて首都圏と京都、大阪、福岡、仙台や札幌等地下鉄が通っているところしかないのですが、アメリカは更に限られることとなりそうですね。

都市に住んでいても車を運転しなければならない機会はある

たとえば仕事等で出張ってなったときに空港ついたら現地でレンタカー借りなければならないってことはざらにありますし、郊外に出る時に車が必要な可能性もあります。ですから、自動車運転免許ってとっておいた方が良いんですよね。

場所によっては公共交通機関は治安がよろしくないことも

特にアメリカの田舎の場合によくあるのですが、基本的に皆さん自家用車をお持ちなので場所によっては公共交通機関をお使いになるのは車を持てない低所得層となり治安もそれほどよろしくないのでできるだけ避けた方がよろしいですね。

早く運転できるようになりたい

日本で働いていた時もほとんど自動車運転する機会がなかったので早く運転できるようになりたいですね。こればっかりは慣れですね。

ということで今日はこんな感じです!