鮭缶・ツナ缶のおかげでなんとか生き延びているなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は海外のロックダウン時になかなか手に入りにくい魚にどのようにアクセスしているかについてお伝えします!

魚は手に入りづらい。。

徒歩圏内の近所のスーパーはほぼ閉まっていて魚は買えないので、結構困っていましたがUberに乗って遠出するのも感染リスクがあることから控えていました。このような緊急事態でどうやって魚をゲットしようか考えたときにアメリカのアマゾンでサーモンとツナの缶詰を購入することにしました。

缶詰は意外と安価だった

鮭缶は250gほど入って180円くらいでしたので結構安価でしたね。12缶程購入して料理に使うことにしました。水煮で届いて若干匂いがあるので、濃い味付けにすることにしました。

久しぶりに缶切りを使った

届いた缶詰がプルトップがついていないものでしたので久しぶりに缶切りを使うことにしました。思えば缶切りなんて久しく使っておらず、とても感慨深い気分になりましたね。

鮭の缶詰を利用して自作鮭フレーク

酒の缶詰と醤油、みりん、料理酒で自作鮭フレークを作れて気軽に日本食を食べれたのは感動しましたね。

鮭缶のキッシュ風オムレツもとても美味しい

卵と冷凍のミックスベジタブルがたくさんあったので、それらと鮭缶を使ってキッシュ風オムレツを作ったのですがこれもとても美味しくて生き返ったここちがしました。

魚を食べたくなったら当分は缶詰で乗り切れそうですね。

ということで今日はこんな感じです!