CAT5ケーブルとCAT6ケーブルの違い

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は家庭やオフィス等狭い地域で使われている有線LAN(Local Area Network)ケーブルのCAT5(カテゴリー5)ケーブルとCAT6(カテゴリー6)ケーブルの違いについてご紹介します。

疑問
CAT5ケーブルとCAT6ケーブルってパッと見ても違いが分かりにくいんですよね。
調べログ
そこで今日はCAT5ケーブルとCAT6ケーブルの違いについて調べてみました

CAT5(カテゴリー5)ケーブルとは?

LANケーブルの一つ。CAT5ケーブルはCAT6ケーブルより伝送できる量が少ない。また、CAT5ケーブルの方がCAT6ケーブルより古い。

CAT6(カテゴリー6)ケーブルとは?

LANケーブルの一つ。CAT5ケーブルより伝送できる量が多いのが特徴。

CAT5ケーブルとCAT6ケーブルの違い

CAT5ケーブルとCAT6ケーブルで大きく異なるのは伝送速度です。CAT5の伝送速度(最大)が100Mbpsであるのに対し、CAT6の伝送速度(最大)は1Gbpsです。

CAT6ケーブルの方が伝送速度が速いので、CAT6ケーブルを使った方がよろしいですね。

また、上で述べたように、CAT6ケーブルの方がCAT5ケーブルより伝送できる量が多いです。

CAT5ケーブルとCAT6ケーブルの見分け方

CAT5ケーブルとCAT6ケーブルの見分け方ですが、ケーブルを見てみるとCAT5やCAT6という記載があるので私は基本的にそこから判断しています。

なかなかわかりにくいCAT5ケーブルとCAT6ケーブルの違いについてお伝えしました。今日はこんな感じです!