ゲームセンターの思い出

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は完全ポエムになりますが、子どもの頃のゲームセンターの思い出です。

ゲームセンターの店員が優しかった

当時はサッカーの日韓ワールドカップが始まるか始まらないかっていう頃でゲームセンターに行くとワールドカップ出場32カ国のピンバッジのいずれかが手に入るガシャガシャがありました。割とミーハーだったので欲しいなって思って100円入れて回してみると何も出てこなかったんですよ。

そこで店員さんにその旨を伝えたのですが、なんとガチャガチャを開けてくれて何でも好きなのとっていいよって言ってくれたんですよね。サッカー強豪国のブラジルがいいかなって思いつつもやっぱり日本のピンバッジにしました。

人の優しさは案外ずっと覚えている

何10年も前のことになるのですが、ふとしたやさしさっていうのは覚えているものですね。他人に対してはいつもやさしくありたいものです。

子どもに夢を与えられる大人になりたい

たった100円のことかもしれないけど、子どもながらにめちゃくちゃ嬉しかったので、やっぱりお金で買えない価値はあるのかなって思います。子どもには夢を与えて一生の思い出に残るような体験をさせてあげたいなと思った今日このごろですね。

ということで今日はこんな感じです。