海外生活は自炊がうまくなって生活力がつくかも

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は海外生活では自炊を余儀なくされて生活力がつくかもってことについてお話できたらと思います。

海外(北米)では外食が高くてなかなか大変

日本でファミレス行く感覚で外食行くと5,000円とか余裕で超えちゃってやばいです笑 ラーメン一杯2,000円、大戸屋の定食3,000円の世界は伊達じゃないですね笑 それでいて値段と味は比例するわけでもないのも不思議なものです。やっぱり安価で美味しいものが食べられる日本は本当にすばらしいなと。がんばれば、毎回中華とかで外食ってのもできるのですが、やっぱり出費がかさんじゃいますからね。

外食で健康的なもの見つけるのはけっこうしんどい

基本油たっぷりか、オーガニック探しても生のサラダみたいなのが多くて消化に悪く、火を通したヘルシーなもの見つけるってのはなかなかしんどいです。そうなるとやっぱり自分で自炊したほうが結構ヘルシーなもの食べられますからね。

自炊の方が店屋物よりおいしい

自分の味覚にあったものを作ることができるのでやっぱり自炊の方が美味しいです。どうしても海外で食べる日本料理は海外ナイズドされていて現地の人の舌に合った味ですからね。ちょっと日本食が恋しい時に食べても納得できなかったりします。

自分のことは自分でやらないと生きていけない

これが海外暮らしの辛くもあり、成長できるところでもあると思います。試行錯誤を繰り返すたびに海外生活では生活力がつく気がしますね。慣れない環境で何でも取り組んでみなければやっぱり生きていけないなと。その分、何でもやってみる力がついたのかなと思います。自炊もそうですし、海外での引っ越しもそうですし、とてもためになります。

ということで今日はこんな感じです!