機内食はなぜあまりおいしく感じないのか

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は機内食についてお話できたらと思います。旅に行くと毎回楽しみなのが機内食ですが、機内食ってあまりおいしく感じないんですよね。そこで、今日はなぜ機内食をあまりおいしく感じないのか考えてみました!

 

ちなみにファーストクラスやビジネスクラスは基本的に乗らないので今回はエコノミークラスのお食事ということに限って私見を述べたいと思います。

原因その①:容器

機内食って食器がプラスチックであることが多いんですよね。フォークやナイフは金属製のこともあるけれど、なんとなくプラスチック製の食器だとせっかくのお食事の魅力も半減してしまいますからね。

原因その②:音

飛行中は音がうるさいですよね。騒々しさが食事を十分に堪能することの妨げになっているのかもしれません。

原因その③:機内の乾燥

機内が乾燥しているのでどうしても食事に水分量が少ないとぱさぱさに感じてしまいますね。水分量が多いものを食べると乾燥を回避できるかと思います。

原因その④:機外での作り置きだから

機内は火気厳禁なので機内では電子レンジなどで温めるだけで、基本的に機内食は作り置きです。ですからどうしても時間が経っていることもあって食事をあまりおいしく感じないのかもしれません。

また、食中毒を避けるために念には念を入れて火を通すので食材本来の美味しさが調理の過程で失われているということもあります。

原因その⑤:低気圧で味覚が鈍るから

低気圧で味覚がにぶってしまい、どうしても美味しく感じなくなってしまいます。航空会社もそれを考慮した上で、濃い味付けに設定しているのですが、それでもやっぱりいまいちかなって感じてしまいますね。

機内食でも美味しいと思う食べ物

ハーゲンダッツ


ハーゲンダッツはやっぱり機内食で食べてもおいしいですね。経験則ですが、甘味の感じやすさは機外でも機内でもそんなに変わらない気がします。

フルーツ

フルーツは水分たっぷりですし、いつ食べてもとてもおいしく感じます。

ということで今日はこんな感じです!