Twitterを辞めたら精神状態がよくなった話

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はTwitterを辞めたら精神状態がよくなった話についてです。

Twitterのタイムラインが怖かった

TLで炎上を目的としたツイートやそれに対するバッシングなどを見るたびに心を痛めていたので、そういったものに触れる機会を意図的に減らせたのは精神衛生上よかったですね。そういった方々をフォローしているつもりはないのですが、それでも時々目にしてしまうことがあるんですよね。煽り耐性は自分である方だとは思っていたけど、あれをずっと続けていると心身ともに荒んじゃいそうで怖いです。

 

最近、似たような感情をYahoo!ニュースのコメントについても感じてしまうので、こちらに関しても徐々にフェードアウトできたらと。

Twitter辞めたら自由時間が増えた

これは素晴らしいことなのですが、Twitter辞めたら自由時間が増えたので仕事、学業、娯楽などにその時間を当てています。タイムラインの更新などを気にする必要もなくなって気がらくですね。この時間は本当に自分に必要なことや、他者との交流に充てたいと思います。

正直、Twitterやっていなくても何とかなる

Twitter辞めて人生困るなんてことはいまだにないので、当分はTwitterなしの生活を続けようかなと。

ということで今日はこんなところです。