アメリカの賃貸は2階以上に住むようにしている

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカでの賃貸についての話です。個人的に賃貸物件を選ぶ時に2階以上の賃貸物件を選ぶことにしている話です。

防犯の面で1階はちょっと怖い

やっぱり窃盗や強盗が東京の100倍以上もあるところに住んでいると1階に住むのはちょっと怖いですね。鉄格子がついているところに住んでいてもやすやすと入ってこられそうですからね。悪い人たちが入ってくるのであればまずは1階からでしょうから、2階以上に住んでいると若干時間は稼げるのではないかと思います笑

1階は流れ弾が飛んできそう

どんぱち始めると1階は流れ弾が飛んできて窓ぶち破って当たったりすると怖いので1階には住まないようにしています。

できるだけリスクは減らしたいですね

外からの騒音が少ない

最上階に住んでいると上の階の人がいないので上の階の方からの騒音に悩まされることも少ないですし、道路からの騒音も軽減されますね。

補足説明をいれる 少し小さなフォントで少し目立つような補足説明を追加することができます。 家賃多少高くても上階を選びます。

火事は少し怖いけど

場所柄火事が多いところに住んでいるのですが、ちょっと避難する時に心配ですね。一応非常口はついているのでそこから逃げる準備をいつもしています。

ということで今日はこんな感じです。