カップ焼きそばはあまり進化していないのかもしれない

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はカップ焼きそばの話です。一年に一度程、カップ焼きそばを食べるのですが、カップ焼きそばってそれほど進化していないと感じたので今日はその話題です。

カップラーメンは日々進化を続けているけど

カップラーメンは様々な味が日々開発されて、有名ラーメン店とのコラボなどで、カップラーメンであっても本格的な味が楽しめますね。具も豊富なレパートリーがあって、日々進化している感がありますね。たまに新発売のカップラーメン食べたりするとお店よりおいしいんじゃないかなってものもありますからね。

カップ焼きそばは20年間で進化した気がしない

その一方でカップ焼きそばはここ20年間であまり進化した気がしません。いつも同じようなカップ焼きそばを食べているせいか、いつ食べてもあんまり変わりはないかなと。作り方もほとんど変わらないですしね。

野菜のくたくた感がきになる

湯切りした後に野菜がへたってしまってくたくたになっているのですが、このあたり食感改善できるといいかもとも思いますね。

具が少なすぎるかもと

基本的に少量の野菜だけですからね。お肉とかがつがつ入れてもいいかもとも思いつつも湯切りの時に流れちゃいそうで心配ですね。このあたりがカップ焼きそばが進化しない要因なのかもしれませんね。

味が基本的に単調で同じ味のみ

デフォルトがソース味で基本的にそれを食べることが多いですね。塩味なども見かけますが、一度食べてみたところやっぱりソースが一番ってことで原点回帰してしまい、結局ソースばっかり食べてしまいます。

チョコレート味やショートケーキ味なども出ましたけどあれは邪道ですからね。

カップ焼きそばも好きなので進化を続けてほしい

年に一度たまに食べたくなるような味なので、ぜひカップ麺も進化を続けてほしいですね!

ということで今日はこんな感じです!