蟹が手に入りづらい地域でもカニカマなら案外手に入る

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はカニカマについての話題です。

カニカマなら物流悪いところでも手に入りやすい

蟹と比較すると、カニカマなら保存がききますから、海外の内陸部のスーパーでも買うことができます。魚介類を食べたくてたまらない私にとってはカニカマはとても素晴らしい存在かなと。リーズナブルですし、味も蟹っぽいですからね。

蟹チャーハンだと思ったらカニカマチャーハンだった。。

先日、某中華料理店に行ったら蟹チャーハンが600円とのことでした。これは安いと思って迷わず注文したところ、カニカマチャーハンでしたね。完全にはめられましたね。Crab Fried Riceでまさかカニカマが出てくるとは思いもしませんでした。やっぱり本物の蟹チャーハン食べたければ2,000円くらいするんでしょうね。そのかわりカニカマが1パック分位入っていたのでなかなかにボリューミーでした。

今後は、蟹チャーハン=カニカマチャーハンという認識で注文したいなと。

おすすめのカニカマレシピは、カニカマ・レタスチャーハンとカニカマ玉

いろいろ作ってみたのですが、やっぱりカニカマは卵との相性が抜群ですね。ですから、レタスチャーハンを作った時の具としてカニカマを入れたり、カニカマ玉を作って食べたりしています。カニカマはそれだけでは主食にはなりえませんが、なにか具を追加したいっていうときにとても重宝します。現在、冷蔵庫に常備している食材の一つですね。

ということで今日はこんな感じです!