辛いものとカフェインを控えたら体調がよくなった

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は辛いものとカフェインを控えたら体調が良くなったという話です。

辛いものをやめた

プルダックポックンミョンとか老干媽(ラオガンマー)とか好きだったのですが食べた翌日お腹の調子が悪くなるので食べるのをやめたところ体調がかなりよろしくなりました。味は美味しいのですが身体にとってはあまりよろしくないものだとはわかりますね。刺激が強すぎるので個人的にはそばに七味唐辛子ちょっとかけるくらいの刺激で十分ですね。

カフェインもほぼやめた

以前はコーヒーや日本茶を毎日何杯も飲んでいたのですが、お腹の調子がこちらもよろしくなくなるのでやめました。代わりにデカフェのルイボスティーと豆乳でソイラテにしているのですが体調はすこぶるよいですね。

刺激の少ないものを食べていれば基本的に間違いないかも

辛いものや刺激の強いもの、脂っこいものさえ食べなければ体調がいいので、基本的にそういった淡白な食生活を続けていけば問題ないのかもしれません。刺激の少ないものは胃にとっても刺激が少なそうです。やっぱり自分の食べたものは体調に顕れてくるのでその変化を見逃さないようにしたいものです。

ということで今日はこんな感じです!