アメリカのマルちゃん・生焼きそばは日本と味が違う

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカのアジアスーパーでマルちゃんの生焼きそばを見つけたのでそれについてお伝えします。

気になるお値段は?

麺が3人分合計500g程が小分けになっていて5ドルくらいでした。アメリカで初めてマルちゃんの生焼きそばみつけたのでつい2パック計6人分も買っちゃいました。

気になるお味は?

率直に言って日本と全然違います。日本のより美味しくないですね。スープもちょっと水っぽくて日本のを想定するとがっかりするかもしれません。

私は味変なしじゃ食べれなかったので、S&Bの赤缶カレー粉をかけたらカレー焼きそばとして食べれるようになりました。ただ、それなら生焼きそばじゃなくて中華麺とかうどんとか買ったほうがよろしかったもしれません。

麺のコシがない

麺がすぐ切れてしまうので調理に工夫が必要ですね。適度な調理のさじ加減がわからずにいます。

なぜか合成着色料が使われている

アメリカナイズドされたからでしょうか。それとも経費削減でしょうか。日本の生焼きそばでは使われていない黄色5号が使われています。これにはビビりましたね。かんすいを使わずに、わざわざ色つけるために合成着色料使うのかと。

お腹こわした

毎日生焼きそばを食べ続けていたせいでしょうか。お腹をこわしてしまいました。アメリカのマルちゃんの生焼きそばとは相性がよろしくないようなので今後は買わないようにします。

次回はうどんなど胃にやさしいのにします。

ということで今日はこんな感じです!