魚食に変えたところ体調がいい

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日は魚食に変えたところ体調がよくなったという話です。

いわし、鱈、鮭、サバをローテーションで食べている

主に冷凍や缶詰がメインですが魚を常備できるようになりましたので日替わりで食べています。鰯はオイルサーディンなので主にパスタで、鱈は鍋、鮭やサバは塩焼きがメインですね。ここアメリカでは魚の購入はお肉よりも少々値段がはりますが、それでも体調はよくなっているので進んで購入するようにしていますね。

基本的に肉食は控え、魚食、卵とナッツでタンパク質を確保している

鶏肉も含め肉食しちゃうと胃腸に負担がかかっちゃうので食べるのを控えています。意外と魚食でもお腹いっぱいにはなるものですね。

胃腸に負担はかかりにくくなった

肉食をしたあとの次の日は体調はあまりよろしくないのですが魚食にすると胃腸に負担はかかりにくくなりました。おそらく含まている脂質の量が全然違うのでしょうね。体調に仕事のパフォーマンスがかなり左右されるので体調がいいのは好ましいことです。

魚介類の調達に励みたい

エビ、貝類やイカなども手に入りそうなのでこちらも調達して卵料理や鍋の具材として活用したいものです。

ということで今日はこんな感じです!