疲れたとき、おそばを食べると疲労回復できるきがする

みなさんご機嫌いかがでしょうか。最近、修論関係や家庭の事情でかなり忙しくてバタバタしてとても疲れ果ててしまいました。今日はそんなときにいつも食べているものについて紹介します!

そばはビタミンB1、B2が豊富で疲労回復によい!

ビタミンB1、B2は不足すると疲労感や体力低下をもたらすものなのですが、なんとそばにはお米や小麦の約2~3倍、ビタミンB1、B2が含まれているんですね。味もさっぱりしていますから食べやすく、どんなときでも疲労回復にうってつけの食材といえそうですね。

消化によいパントテン酸が含まれている

代謝を促進するパントテン酸が白米の4倍含まれていて消化にもよいですし、効率よく食事をエネルギーに変換できそうです。

油分が少なくヘルシー

ラーメンですと油分が多くてたくさん食べちゃうと胃にダメージを受けている感がありますね笑 年取ってくるとなかなかきつくなってきてしまうので。あとは個人の体質的にあまり小麦を受け付けないのでつけ麺とか食べちゃうとやばい感じです。そばなら油分が少なくヘルシーで消化もいいですからね。蕎麦食べると元気になるような感じです。

ルチンには抗酸化作用あり!

ルチンはポリフェノールの一種で酸化防止作用があり、毛細血管を強くしたり、抗炎症効果や血流改善効果もあります!

海外でもそばは比較的手に入りやすい

乾そばであれば海外でも手に入りやすく、麺つゆと電子レンジでチンできる耐熱容器さえあれば簡単にお蕎麦を家で食べることができますね。気軽にそばという日本食を楽しめるのもメリットであったりします。

ということで今日はこんな感じです!