アメリカでのおやつ問題についてもう一度考えてみた

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はアメリカでのおやつ問題について考えてみたいと思います!以前の記事では、アメリカではグミを食べることにしたと書いたのですがそれでは足りないことに気づいたので笑、今回はその補足となります。

お酒もたばこもそれほどやらない代わりにお菓子は好きだったりする

お酒もたばこも付き合い程度しかしないのですが、その代わりにお菓子は好きだったりします。アメリカのお菓子と日本のお菓子はなかなか異なっていて、コンビニもないですし苦労していますので今日はそれについてお話できたらなと思います。

ポッキーやコアラのマーチならアメリカでも手に入る

 

アメリカでも現地生産のポッキーやコアラのマーチが食べられるんですよね。上の画像のようなものです。確かお値段は1,5ドル~2.0ドルだったかと思いますので、特に高いというわけではないですね。一週間に一回買い物に行くときに一、二個買って口元がさみしい時に食べるって感じです。

困った時のハーゲンダッツ

ハーゲンダッツは日本と比べるとコスパがいいのでついつい買って食べちゃいます。いやはや本当においしいのでついたべすぎちゃいますね笑 味は定番のストロベリーが個人的には美味しく感じますね。

大福もあるけど高い

アジアンスーパーで大福をよく見かけるんですが、2ドルもしますね。専門店や街の和菓子屋さんならまだしも、スーパーの大福に2ドルも払う気にはなりません。日本でいう山崎パンの大福を2ドル出すかというと考え物ですね。

アジアンマーケットでのど飴見つけたら買うようにしている

のどがしょっちゅう痛くなってしまうので、それ用にアジアンスーパーでのど飴買うようにしています。のどにもいいですし、おやつにもなるので一石二鳥ですね。

フルーツトマトをおやつがわりにしている

フルーツトマトなら甘くておいしいですし、満腹感も得られるので意識して食べるようにしています。しかもトマトは日本と比べると安い気がしますからね。

ということで今日はこんな感じです!