つけ麺が消化できなくなってきたなど

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はつけ麺の話です。昔からかなり麺類が好きで、ラーメン、つけ麺、油そばと食べてきたのですが、最近に担ってつけ麺だけが全く身体に受け付けなくなってのでそれについてお話できたらと。

つけ麺食べるとお腹壊すようになってきた

つけ麺たべるとその日の夜や次の日の朝やお腹がめちゃくちゃ痛くなってもう動けなくなる感じです。辛味つけ麺なんて食べたらそれはもう悲惨ですね。。ただ、つけ麺出し切ってしまうと、お腹治ってしまうのでやっぱりつけ麺が原因なんでしょうか。

 

ラーメンや油そばならお腹壊さないのに、つけ麺だけお腹壊すのは謎が深いですね。。ですのでちょっと調べてみました!

つけ麺ではついつい麺を食べすぎちゃうのかも

つけ麺って大盛無料のところが多くてついつい食べ過ぎちゃうんですよね。ラーメン、油そばと比べても麺の量が多いですからね。他の食べ物もなくひたすら麺だけ食べているので、それが原因かもですね。つけ麺は麺のみを食べるっていう固定観念があるからかも。

麺が冷たかったからかも

つけ麺って冷や盛りがスタンダードですからね。ラーメンや油そばは暖かいのがデフォルトですが、つけ麺はつけ汁が暖かくても麺が冷たいのですぐ冷めてしまいますからね。その辺りが胃腸に負担をかけてしまう一因なのかもしれません。

太麺が影響しているのかも

つけ麺って一般的に言ってラーメンや油そばより太麺ですから、がっつり太麺をずるずるよくかまずに摂取してしまうので、胃腸が悲鳴を上げているのではないでしょうか。

ということで今日はこんな感じです!