レトロ自販機に思いをはせて

みなさんご機嫌いかがでしょうか。今日はレトロ自販機についての話です。

子どもの頃、自販機で食べたハンバーガーは何よりもおいしいと思った

シェイクシャック等様々な美味しいハンバーガーを食べ歩きましたが、それでも自販機で食べたハンバーガーに勝るものはありません。(当時は某室内スポーツをしていて、それが終わった後に食べられるハンバーガーは最高だった。)思い出の味に勝る物はないですね。

ところどころ異常に熱く、箱は年代物のデザインだったけど、それも趣があった

電子レンジでチンしているので、ところどころ異常に熱い箇所があって食べるのには少し苦労しましたがそれもいい思い出です。箱は年代物で(平成に食べたのに)昭和っぽいデザインでしたが、それも趣もあっていいですね。

1.5Lのペットボトルが売っていたコカ・コーラの自販機は感慨深い

おそらく300円以上したと思うのですが、昔はコカ・コーラの1.5Lのペットボトルが売っていた自販機があったんですよね。おそらく長野オリンピックの頃(1998年頃)まではあったかなと。

アメリカ・アトランタのコカ・コーラ博物館でレトロ自販機を見かけたときは興奮した

アメリカ・アトランタのコカ・コーラ博物館にはコカ・コーラの歴史などの展示があって、その一つに日本のレトロ自販機があって興奮しましたね。Fantaのフォントがファンタだったりして時代を感じますね。

古い映画で自販機を見るのが楽しみ

先日、バトルロワイアル見ていたら、藤原竜也の後ろにコカ・コーラの自販機が映っていてふと感慨にふけってしまいました。映画の内容ももちろんのこと、自販機もとても印象に残っていますね。

自販機の写真を毎日撮っていた人の気持ちがわかる

私は毎日(のように)自動販売機の写真を撮っています。こめんなさい。というブログがあります。こちらのブログは管理人さんの妹さんが亡くなった一周忌に始めたブログで、毎日自販機の写真を撮り続けてブログにアップするというものなのですが、今になってみると管理人さんにとって当初は『ばかばかしくて無意味なこと』だったのかもしれませんが、私的にはとても風情のあるものだと感じてしまうわけです。自販機のラインナップも時を経るにつれて徐々に変化しますし、時には大幅リニューアルするわけですからね。時は流れる感じが好きなんです。

レトロな自販機はずっと残ってほしい

レトロな自販機はメンテナンスも大変で最近はどんどん減っているようですが、ぜひとも後世に残してほしいものですね。

新しい食品用自販機も楽しみ

空港で見かける食品の自販機やドールのバナナ自販機などは見かけるとすぐに買ってしまうので、これからも日本の良さっぽい自販機を世に出し続けてほしいものですね。一消費者にすぎないですが、買って応援しようと考えておりますので。

今日はこんな感じです!